So-net無料ブログ作成
検索選択
シャークマウス改 ブログトップ

特別企画・シャークマウス改が完成した・・・の巻。 [シャークマウス改]

みなさんこんにちは、トレサス企画でございます。

ボディ塗装まで終えたシャーク改でしたが、ステッカーを貼ってみました。

DSC_w149.jpg

こんな感じになりました。やっぱりステッカーを貼っていくと「締まって」見えます。

DSC_w150.jpg

ステッカー貼りは楽しい作業なのでいろんな所にベタベタ貼りたくなる物ですが、なるべくステッカーの量を減らして最低限のポイントのみにしたつもりです。

シャシーにはあえてステッカーを貼っていません。理由はこのマシンはシャークマウスなので、最大の特徴である「シャーク口」のステッカーを貼るスペースを空けたのと・次のオーナーがもしかしたらシャシーを塗装する可能性があるので・・・という事です。


ここで今回の「シャーク改」の特徴を紹介していきます。

基本的には新品キットを組み立ててフルベアリングでSTサーボのみ付属。という事でこれからは画像に沿ってポイントを説明していきます。

DSC_w151.jpg

DSC_w157.jpg

最大の特徴であるフロント周りはバギーチャンプのサスペンション(再販物の新品)を移植しています。

バンパーは真鍮Φ5パイプを組み合わせてロウ付けしています。実際にクラッシュテストをしている訳ではないのですが、かなり強度はあります。ちなみにメインパイプの曲げ部分の内部にはM4ビスを切って曲げた物が入っています。

ダンパーステーも真鍮パイプですが、シャシーに固定している側は市販のニッケル製ブラケットを使用しM4ビスが内部に入っているので強度はあります。

が、しかし・・・いくら強度はあるといってもやはり樹脂製にはかなわないのでコンクリートなどにスピード全開でぶつかったら間違いなく「壊れます」よ・・・この辺は旧車という事で「雰囲気を楽しむ」ような走らせ方がいいかもしれませんね。

あと塗装についてですが、つや消し黒にて塗装していますが、ちょっとした事でも意外と簡単にはがれます。これは私の経験上、塗装を何回上塗りしても同じ結果でして、逆に塗装が剥がれたらちょっと筆塗りで補修してやるとカッコいいかもと私は思っています(バギーですから)。

ステアリングはアバンテレーシングステアを基本に自作のプレートを追加しています。ステアの切れ角は若干少なめです(プロポで調整しても少ないです)。

ダンパーについてですが、アタックバギーOPのアルミオイルダンパーですが、純正バネが弱いので交換(RC4WD製)に交換しています。ストロークするたびに「ギャー、ギャー」となんかバネが縮む音がしますが動作自体は問題ありません。

DSC_w152.jpg

コクピットは所有してたアタックバギーの物で中古を再塗装しましたが、私は塗装が苦手なので正直あまり綺麗な仕上がりではありません。まあ、プラモデルではないのでザックリと仕上げています。シートベルトは適当な布地を切って電材の「圧着端子」を先端に付けていまして、胴体には接着剤にて固定しています。

ネットはビニール製でして「染めQ」で塗装していますので簡単には剥がれません。染めQはビニールとの相性がいいようですね。取り付けはマジックテープを接着して上はバーに巻きつけて下は画像の通りブラケットにマジックテープを付けています。

DSC_w153.jpg

モーターはダートチューンの新品に交換しています。STサーボも含めて動作確認はしています。

スペアタイヤはポリカ板を加工しブラケットを製作してギヤBOXとバーに固定しています。転倒時はタイヤは動きますがポリカの反力ですぐに戻ります。リアル系のパーツとしてタイヤを固定するハンドルを製作していますが、実際に固定するのはロックナットです。

DSC_w154.jpg

リヤのサイドには「パネル」を追加しています。このパネルがないとリヤ周りがスッカスカに見えてカッコ悪いですからね。あとはバーの途中に使用していない穴があるので今回はアンテナを立てるポイントにしました。

ルーフとサイドパネルとフロントサスは六角キャップスクリューで取り付けしていますのでM3用(対角2.5)の六角レンチが必要になります。

DSC_w155.jpg

真ん中の空いているスペースに受信機を搭載できます。

DSC_w156.jpg

ドライバーの後ろの「箱」にスピードコントローラーを搭載すれば良いのでは?と私は思っています。コードを通せるように加工しておきます。

DSC_w168.jpg

余りパーツ類です。・・・がボディと内装は申し訳ありませんが私の在庫とさせていただきます。

DSC_w169.jpg

ステッカーは自由に使って下さい。今回はボディカラーに合わせてまさに「シャーク」になるかも?



といったところでしょうか?

ここでちょっとしたサプライズを・・・

DSC_w159.jpg

ワイルドワン用タイヤの登場です。これはオークションにてコツコツ集めていた新品ホイール・タイヤでして今回はボディがワイルドワンなのでやはりタイヤも・・・という事になりました。

それにしてもタイヤの外径が・・・ぜんぜん違いますね、ビックリです。ホイールは染めQにて塗装していますが、走行させると絶対に傷はつきます・・・ご理解下さい。

ホワイトレターをやって早速装着してみました。

DSC_w160.jpg

どうです?全然イメージが変わってきます。

DSC_w164.jpg

ちょっと注意点ですが、ボンネット部分に塗装のムラができています。近くで見ると変な光り方をしますが、1mも離れると全然わかりませんよ。言い訳ではないのですが、「スカイブルーアルマイト」・・・なかなか難しい塗料ですね、私はいつもの感覚で吹いていたのですが・・・。



これで完成となるのでマシン全景をお見せしていきます。

DSC_w165.jpg

DSC_w161.jpg

DSC_w162.jpg

DSC_w166.jpg

DSC_w167.jpg

DSC_w163.jpg

DSC_w170.jpg

以上で「シャーク改」企画は完了します。短期間での製作でできる事はやってなかなか楽しく集中した時間でした。

さあ、2013年はビートルでも製作しますか?・・・ね。






















特別企画・シャークマウス改のボディを塗装してみた・・・の巻 [シャークマウス改]

みなさんこんにちは、トレサス企画でございます。

今回は予定通りボディの塗装をしてみました。

DSC_w142.jpg

こんな感じになりました。ボディ色は「スカイブルーアルマイト」にて塗装し、ルーフとボディのサイド(バッテリー付近)はシルバーにて仕上げました。今回はスカイブルーアルマイトをどうしても試してみたかったので・・・予想通り「いい色」です。

DSC_w143.jpg

リヤのサイドはパネルをポリカ板にて製作しちょっと形を追加しています(スペアタイヤ付近)。ステッカーを追加すると意味が分かりますよ。

ボンネットのライトはクローラー用の小さめのタイプでして、自分ではなかなかクールでは?と思っております。

DSC_w144.jpg

テールランプは純正を塗装して取り付けています。

DSC_w145.jpg

一応説明しておきますが、ワイルドワンのボディ固定方法はボンネット部分は普通のボディマウント方式ですが、サイド部分はロールバーに引っ掛ける形になっています。私のはアタックバギーの内装が搭載されているので普通ならばワイルドワンボディは載せられないのですが、運転手の左腕を加工(脇を締めた状態)するとなんとかいけます。しかし加工後も左腕がボディラインからちょっとだけはみ出ているのでボディと干渉しています。

一応対策としてボディと取り付け金具との間にナットを入れて隙間をつくりました。

DSC_w146.jpg

それでもちょっと湾曲しています。まあ、気にならないレベルだとは思いますが・・・。

DSC_w148.jpg

あとはステッカー貼りの作業とちょっとしたサプライズを・・・まあ大した事ではないですが。最終的なマシンの仕上がりをお楽しみに。あとはオークションにも2012年中に出品予定ですのでそちらもよろしくお願いします。












特別企画・シャークマウス改のスペアタイヤを搭載した・・・の巻 [シャークマウス改]

みなさんこんにちは、トレサス企画でございます。

今回はリヤにスペアタイヤを搭載してみました。

まずは、ブラケットを製作しました。

DSC_w136.jpg

材料はポリカ板で厚さは0.8mm。ブラケットの左右はケーブル固定具にてロールバーにハメてギヤBOXの一番上のビスにて共締めしています。画像の通りホイール固定ビスはM4ビスを下から入れてハードロックナットでポリカ板に固定します。

DSC_w137.jpg

タイヤはアタックバギー2011にて使用したスペアタイヤの余りを使用します。そしてドレスアップとしてホイール固定用ハンドルを製作しました。

DSC_w138.jpg

今回はタイヤを水平方向に取り付けてみました。ブラケットがポリカ板なので転倒した場合でも「ボヨーン」となってすぐに戻るので全く問題ありません。

DSC_w139.jpg

モーターとスペアタイヤとの間にスペースが出来たのですが、純正のテールランプをつけるのでちょうどいいかと思います。

DSC_w140.jpg

やはりスペアタイヤを搭載するとデザイン的にグッと落ち着きますね。「トレサス企画のマシン」っぽくなってきました。


DSC_w141.jpg

さあ、次回はいよいよ最終的な仕上げの工程に入っていきたいと思います。今までは地味な黒ボディでしたが、これからはイメージがグッと変わってきますよ・・・お楽しみに。







特別企画・シャークマウス改のコクピットを製作した・・・の巻 [シャークマウス改]

みなさんこんにちは、トレサス企画でございます。

今回はコクピット周りを製作しました。

DSC_w132.jpg

相変わらず塗装が下手くそですが勘弁してください。胴体をちょっと塗り直して、左腕をハンドルの上側に持って行きました。シートベルトを青色で製作しヘルメットはメタルシルバーにて塗装。あとはネット固定用のマジックテープを取り付けました。

アタックバギー2011でやったのとほぼ一緒なので案外製作時間は掛かりませんでしたが、やはり塗装は苦手な作業です。

DSC_w133.jpg

ネットを取り付けてみました。これ実はサンドマスターで一番最初に作ったサンプルでして、大きさが合わなくてボツになった物をちょっと直して取り付けてみました。

DSC_w134.jpg

ネットの固定具は予想通りアタックバギー2011と同じ処理でいけました。この辺は経験が物を言ってますね。


DSC_w135.jpg

組み立てるとこんな感じになります。左腕がまだちょっとはみ出し気味ですが、まあまあいい感じではないでしょうか?ちなみにワイルドワンボディをつけると見えるのはヘルメットと腕位でネットのせいもありますがほとんど隠れてしまいます・・・なんか見えないところでオシャレをする感覚になりますね。

次回はやっとリヤ周りに突入しますが、時間の許す限りできる事はやっていきたいと思っていますのでご期待ください。







特別企画・シャークマウス改のちょっと手直しを・・・の巻 [シャークマウス改]

みなさんこんにちは、トレサス企画でございます。

なかなかボディ塗装・内装製作までたどり着けないシャーク改・・・今回はフロント関係で納得のいかない部分を手直ししました。

DSC_w126.jpg

どこをやり直したかわかります?かね・・・バンパーの先端からダンパーステーを繋ぐパイプを太くし角度を水平だったのを車体側に落ちる角度にしました。あとは、ダンパーのスプリングをRC4WDの物に変更しました。

スプリングを交換した理由なんですけど、アタックOPダンパーのスプリングは正直柔らかいです。ノーマルのサスに対してはいいのかも知れないのですが、チャンプサスを移植するとフロントが重くなるので一度沈んだサスは戻ってきません。STサーボだけを搭載状態でそうなのですからメカ類やバッテリーを積んだら・・・という事でバネ交換となった訳ですが、奇跡的というべきかなんなのか?アタックOPダンパーとRC4WDのダンパー・・・なんとダンパーのケースの外径がほぼ一緒でして何の加工なしで取り付け可能となっております。ちなみにRC4WDのバネは2本の違うバネレートで構成されていまして、長さは一緒です。

今回選択したのは硬い方のバネをダンパー1本に対して2本入れましてこれくらいでちょうどいいと思っています。(アタックOPのリヤバネも硬いですからね)。

DSC_w127.jpg

バンパー先端からダンパーステーまでのパイプの角度・太さに注目です。

前回までとの比較です。

DSC_w123.jpg

ビフォー。

DSC_w131.jpg

アフター

DSC_w129.jpg

私が思う横からの理想のシルエットはバンパー先端・ダンパーステーを高くしボンネット部分で一旦低くし、コクピット部分でまた高くする・・・なので今回はまあまあいい出来になりました。

DSC_w128.jpg

バー太くした事でさらに重厚感が出まして、実際に強度UPしております。

DSC_w130.jpg

次回こそコクピットを再製作(ボディ塗装は最後にします)し、リヤ周りに手を付けていきたいと思っていますので完成までご期待下さい






特別企画・シャークマウス改のシャシーを製作した・・・の巻 [シャークマウス改]

みなさんこんにちは、トレサス企画でございます。

今回はボディ塗装の予定でしたが、車体が思ったより早く到着したので先に組み立ててみました。

DSC_w120.jpg

今回製作するマシンはフロントが全くの別物なので、ギヤBOXとシャシー・リヤサス関係を組み立てて完成になるのですが慣れているせいかわかりませんけど、車体は約1時間位で完成しました。そして先日製作したフロントサスとステアリング関係を組み込んだのがこちらになります。

DSC_w121.jpg

ちなみにルーフとボディは在庫の中古ボディで仮に付けていますので誤解のないようお願いします。

シャシーは予想通りホイールと同じシルバー?というかグレーに近い成型色でバギーチャンプのホイール純正色と一緒です。アタックバギー2011の茶色のパーツがそのままグレーになったという事ですね。

取説を読んでいくと、いきなりシャシーに塗装の指示がありボディもシルバーに塗装の指示があります。ちょっと意外でしたがやはりアタックバギーは塗装する物なんだなーと再認識しました。

DSC_w122.jpg

モーターはバハチャンプにて購入していたダートチューン新品になります。もちろんピニオンは18Tです。リヤのツインダンパー化はちょっと悩んでいますが、時間があればチャレンジします(ブラケットからの製作になりますので)。

ここで仮の黒ボディを装着してみます。

DSC_w123.jpg

こんな感じになります。黒だとすごく地味な印象ですね、ボディ色の選択はギリギリまで考えますが、シャシーのシルバー(グレー)を違和感なく仕上げるつもりで頑張ってみます。

DSC_w124.jpg

フロントにバギーチャンプサスを付けるとホイールベースが延長されます。今回は274mmになりましたが、マシン全体のバランスからいうとロングホイールベースの方がカッコいいと私は思っています。

DSC_w125.jpg

リヤはいまのところのモーターとダンパーを変えたくらい(ベアリングは入ってます)ですが、アタックバギーでやったようなドレスアップをより簡単なやり方で再現してみようかと思っていますのでご期待ください。

次回こそボディ塗装と内装の再製作・・・そして小物の製作を・・・頑張っていきたいと思いますので次回もお楽しみに。








特別企画・シャークマウス改のフロントを製作・その3 [シャークマウス改]

みなさんこんにちは、トレサス企画でございます。

前回バンパーまで製作したシャーク改ですが、今回はステアリング系を製作しました。

DSC_w115.jpg

いきなり完成画像です。基本的にはアバンテレーシングステアですが、カーボンプレートの部分をアルミで製作してみました。サーボはノーマルのスピードコントロール用サーボの位置に取り付けし、ステリングワイパーはサーボからのロッドを外側にしたかったので上下逆さに取り付けています。

DSC_w116.jpg

ノーマルのステア用サーボの取り付け穴は利用できなかったので新たに幅24mmにて穴を開けて、若干高さを上げました。ちなみに先日製作したバンパーはつや消し黒に塗装しております。

DSC_w117.jpg

ステアを切るとこんな感じになります。やっぱりバギーチャンプサスは切れ角が少ないですね、しかし切れすぎるとサスアームにタイヤが当たっちゃいますからね・・・。いろいろ試行錯誤しながら製作してみましたが結果的にはバッチリできたので満足です。

仮で製作しているシャーク改ですが、ベースのエボにはリヤサスが付いていません。とりあえずこんな感じだろうとリヤタイヤを置いてみて完成時をイメージしてみました。

DSC_w118.jpg

ザックリとこんな雰囲気になります。気になっていたバンパーですが、マシン全体で見るとなかなかいいバランスになっております。

DSC_w119.jpg

次回はいよいよボディ塗装・内装製作をしていきたいと思っています。一応これからの予定なんですが、年末にマシンを完成させてオークションに出品し来年の正月休み中に終了させる感じでして今は精力的に製作していますのでどうかご期待ください。






特別企画・シャークマウス改のフロントを製作・その2 [シャークマウス改]

みなさんこんにちは、トレサス企画でございます。

今回はシャークマウス改のフロント改造の続きになります。

DSC_w109.jpg

まずは、フロントの左右アクスルを連結するフロントメンバーを変更しました。今まではΦ8真鍮でしたが、Φ8SUSに変更です。理由はロウ付けできる材質にしたいのでノーマルのアルミから真鍮にしたのですが、真鍮パイプは肉厚が薄い(0.5mm)のでΦ8真鍮だと内径は7mmになります。内径7mmですとフロントシャフト(画像上部のアクスルから出ているシャフト・・直径6mm)とのガタが大きすぎるのでサスアームがガタついてしまいます。
このΦ8SUSパイプはノーマルと同じ肉厚1mmなのでちょっと重量はちょっと重くなりますが、ノーマルの雰囲気を損なう事なく材質を変更できるという事になります。

SUSパイプに変更しダンパーステーの車体側を製作したのがこちら・・・

DSC_w110.jpg

これでサスとダンパーは完成しましたのでこれからバンパーを製作していきます。

実車の画像を参考にいろいろ悩みながら製作してみたのが・・・

DSC_w111.jpg

今回は実験的に上側のアクスルステーをメインパイプをロウ付けし、下側から補助バーを立ち上げてみました。

DSC_w112.jpg

正面からだとかなりインパクトはありますね。

DSC_w113.jpg

DSC_w114.jpg

一応バンパーは完成という事にしますが・・・もしかしたら形状を変更するかも?というのも、今回バンパーを製作していて思ったのが「なかなか自分のイメージ通りにならない」という事でして、車体に対してのバンパーの大きさ・形状・高さ・先端までの長さ・といった要素全てに「センス」を必要とします。サンドマスターでバンパーを製作した時は何も考えずにサクっと出来てまあまあ上出来だったのでバンパー製作は簡単だと思っていましたが、なかなかどうして・・・難しい作業です。


今回はここまで!ということで次回もお楽しみに。












特別企画・シャークマウス改のフロントを製作・その1 [シャークマウス改]

みなさんこんにちは、トレサス企画でございます。

短期特別企画としてスタートした「シャーク改」ですが、前回の記事の通り車体はまだ手元にありません・・・見切り発車的なこの企画・・まあ、今できる事をやっていきます。

まずはフロントのサスを製作していきますが、アタックバギーでやった事と重複しているのでいつもこのブログを見ている方にはあまり新鮮さはないと思いますのでご理解願います。

DSC_w102.jpg

まずはブラケットを切り出して車体と合体させます。私は5mm厚の板からブラケットを製作していますが、この板厚を変えるとフロントアクスルの高さを調整できます(低くなる)。

DSC_w103.jpg

市販の90°ステーにパイプをロウ付けします。これ実はビートル用に製作したのですが「どうやってダンパーステーを製作するか?」を考えていたら近くにこれがあったのでとりあえず合わせてみると・・・「いけるかも?」となり採用してみました。

DSC_w106.jpg

ダンパーはアタックバギー製作時に購入したOPオイルダンパーです。

とりあえずこれらを合体させてみます。

DSC_w107.jpg

ダンパーステーはイメージ作りの為に仮付けしています。

DSC_w105.jpg

市販のL字ステーを使っているので強度は十分あります。

DSC_w104.jpg

画像では見えませんがフロントアクスルにM3タップを立ててL字ステーを固定しています。

DSC_w108.jpg

ダンパー上部取り付けボルトをロウ付けしました。フロントオイルダンパーはちょっとバネが柔らかいのでダンパー上部取り付け穴はちょっと低く設定しダンパーを少し縮めた状態での取り付け位置にします。

あとは下側からステーをロウ付けしてダンパーステーは完成予定ですが、それはまた次回にて・・・。







 年末年始・特別企画を開始!・・・の巻 [シャークマウス改]

みなさんこんにちは、トレサス企画でございます。

今回は年末年始の特別企画としてマシンを1台製作し、みなさんに提供してみようという企画でございます。

製作するマシンは・・・「アタックバギー・シャークマウス改ワイルドワンボディ仕様」・・・ちょっと長いので「シャーク改」と呼んでいきたいと思っています。

製作するきっかけなんですけど、まずはシャークマウスの発売・・・これはシャシーやボディのパーツがシルバーっぽいので塗装の手間がちょっと省ける事。

そしてワイルドワン再販によって今までストックしていたワイルドワンのスペアボディの意味・価値がなくなった事。

最後にアタックバギーでやりたい事が出てきたのですがその前にこの企画でちょっと試してみようという事。

まあ、簡単にいうとアタックバギー関係で余っているパーツを今回の企画で投入してみよう!という事ですね。


シャークマウス本体は年末に届くのでそれまでにできる事を記事にしていきたいと思います。

DSC_w100.jpg

ホコリだらけですが・・・いろいろ部品を取られてしまったエボをダミーとして製作を進めていきます。

もちろんシャークマウスのキットを購入するのでシャシーやギヤBOX等はシャークマウスからですが、在庫している「使える物」は使っていきますのでコクピットは製作・塗装し直して使用します。フロントサスは再販チャンプの物でしてもちろん未使用です。ステア系はアバンテのレーシングステアを予定していますが実際に搭載できるか?は分かりません。

DSC_w101.jpg

フロントアクスルのダンパーステー部分をあらかじめ切断します。ここはダンパーステーを新たに製作予定です。


アタックバギー2011でやったような改造のワイルドワンボディ仕様・・・ご期待ください。










シャークマウス改 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。