So-net無料ブログ作成
検索選択

タミヤ アタックバギー2011(tamiya fav 2011) トレサス企画仕様を製作する・30 [アタックバギー2011]

みなさんこんにちは、トレサス企画でございます。

今回は久しぶりに息抜き・散歩がてらの撮影記事になります。私の住んでいる北国では積雪がなくなっても気温は低くてこの時期(桜が散ったあたり)位から外で散歩しても気持ちいい感じになります。


ここでアタックバギーについて現在までの経緯についてちょっと・・・アタックバギーが2011年に再販されてすぐに購入し製作を始めたのですが、製作当初は「完成後に手放す」という考えでした(純正アームのロングホイールベース仕様の頃)。しかし、過去の記事を参考にしてもらえると分かるのですがバギーチャンプのフロントを入れた辺りからちょっと考えが変わってきました・・・「やれるとこまでやってみよう」と・・・。

DSC_a679.jpg

結局前回からは特別変わったところはありませんが「理想系」は変化しています。つまりまだ弄るところはあるという事ですね。

「時間」というのは不思議なものでして、完成した時は「これで完璧だ!」と思い満足するのですがその後シャークマウスベースから1台と再販ワイルドワンから1台と製作していくとちょっとずつ「カッコいい」基準というのが「変化」していきます。と同時に製作や加工方法も変化して自分自身も成長しているという事ですね。

DSC_a674.jpg

フロントはやはりバンパーが課題です。パイプをロウ付けしてカッコいい形状に製作していきたいと思っております。あとはバネがちょっと弱い感じがするのでバネを交換したいですね。

DSC_a675.jpg

サイドはやはり「ネット」と運転手のヘルメットですね。当時は完璧だと思っていましたが、今みると納得いかないポイントになります。

DSC_a678.jpg

リヤは割といい感じですが、まだやる事はあります・・・。冷却ファンにファンガードを製作しようかな?と思っております。

DSC_a676.jpg

DSC_a681.jpg


とまあ、いろいろと課題が出てきた訳ですが、このマシンはトレサス企画の象徴として今後も手放す予定はないので今後もじっくり時間をかけて製作していきたいと思っております。














タミヤ ファルコン (tamiya falcon) タイヤを交換してみた・・・の巻 [ファルコン]

みなさんこんにちは、トレサス企画でございます。

なるべくお金をかけずにじっくり作業を進めているジャンクファルコン。今回はタイヤとホイールを交換してみました。

今まではサンドバイパーのディッシュタイプで2WDとしては無難な選択でしたが、ちょっと前にタミヤから「ファイターバギーSV」という入門者向けのバギーが発売になりました。DT-02に380モーターでフリクションダンパー、そしてボディはサンドバイパーといったタミヤならではのいろんな車からのミックス仕様といったバギーですが、タイヤだけは「デュアルブロックK」というタミヤの中では最近のタイヤを装着しています。画像を見た時に「黒いホイール」に注目しましたが、残念ながら新型のホイールではなくて「アトラスディッシュホイール」の黒バージョン。
しかしまるで色気のないグレーのディッシュよりはマシかと思い交換してみようという事になりました。

最初はカスタマーに注文して購入しようと考えましたが、在庫を漁っていると・・・やっぱり出てきましたよ、タイヤとホイール。

DSC_f069.jpg

中古のDT-02を購入しまくっていた時に付いていた物でリヤはともかくフロントはボロボロになっております。正直に言うとアトラスディッシュのデザインはあまり好みではありません。ソニックファイターに付けましたが在庫であったから付けたという状況でした。これを黒にしたらどうなるか?・・・とその前にフロントホイールの裏面を見ると・・・

DSC_f070.jpg

ヒョロヒョロとした字体で「大盛」の文字が・・・心当たりのある方には申し訳ありませんが、思わず「プッ」と吹いてしましたした。いろいろと「大盛」の意味を考えましたが(もしかして業界用語?)どうしても分からないのでどなたかお教えして頂ければ幸いです。ひょっとして「大盛さん」所有のタイヤなのかな?

昔のアタックバギーの記事にて当時物のアタックバギーのセメント抵抗に名前が書いてあったのを思い出しました。なんか可愛いらしい行為ですよね、マジックで名前を書くって。

ボロボロのホイールを補修して塗装しタイヤを取り付けると・・・

DSC_f071.jpg

塗装は「染めQベースコート」に「染めQブラック」、最後に市販のラッカー系つや消しブラックにて塗装しています。

これにて「偽ファイターバギーSV用タイヤセット」の出来上がりです。アタックバギーやワイルドワンの時の様に黒いホイールの視覚的効果を画像で比較してみます。まあ・・・極論をいうと「好み」の問題でもありますが・・・。

DSC_f072.jpg

DSC_f073.jpg

いかがすか?黒の方が精悍さがあると思います。ちょっとフォローすると、別に樹脂色の白が悪いって訳ではなくてボディカラーと合わせると白がいい場合もあると思います。

DSC_f074.jpg

DSC_f075.jpg

アトラスディッシュのダサいデザインもスタイリッシュ?に変身します。

DSC_f077.jpg

タイヤの外径もちょっと大きくなり当時物のファルコンには見えなくなってきましたね。

DSC_f076.jpg

毎回ちょっとした事で記事にしているファルコンですが、最初のノーマル状態と比べると全く別物になってきたな~と感じる今日この頃です。ではまた次回をお楽しみに。












タミヤ ファルコン (tamiya falcon) バンパー・ウイングを取り付けてみた・・・の巻 [ファルコン]

みなさんこんにちは、トレサス企画でございます。

今回はタイトル通りバンパーとウイングを製作してみました。

DSC_f058.jpg

まずはバンパーです。カイダック板で製作しようと思っていたのですが、在庫から探してみると・・・いい物を見つけました。CR-01用のバンパーはずっと前にカスタマーから購入していたもので、どうせ使う機会もないのでここで使用します。下は市販のブラケットです。

DSC_f059.jpg

バンパーの裏です。軽量化の為か中は空洞になっております。画像下のバーに「貫通穴」を開けました。

DSC_f060.jpg

バルクヘッドを裏側から撮影しました。ブラケットを両端につけています。あとバルクヘッド取り付け穴は皿加工して皿ビスを入れています。

DSC_f061.jpg

次はDT-02デザートゲイター用のリヤウイングです。実はこのファルコンジャンク物で購入したためリヤウイングがありません。ここは手っ取り早くDT-02から流用します。ちなみに一回り小さくカットしております。

DSC_f062.jpg

カイダック板を経由してウイングステーを取り付けました。

ここからはバンパーとウイングを取り付けた画像になります。

DSC_f063.jpg

透明なので分かりづらいのですが、ウイングが付いてグッとスタイル的に落ち着きましたね。

DSC_f064.jpg

バンパーはちょっとバーが気持ち太くてちょっとファニーな感じを受けます。

DSC_f065.jpg

私は低くて小さいウイングが好きなのでいい感じになりました。ウイングの大きさ・位置ともにバランスがいいです。

DSC_f067.jpg

あとはリヤのガードを製作するか?ノーマルを流用するか・・・検討中です。

DSC_f066.jpg

先日製作したブーツですが、タイヤ側だけにしました。これの方がカッコイイですから。

DSC_f068.jpg

付くものがついて一気にバギーらしくなったジャンクファルコン・・・完成までもう一息といったところでしょうか。

基本的にはこれでモーターとメカを載せると走行できるのですが、ここからはカッコよくする改造に入っていきます。次回からはトレサス企画らしさ全開でいきたいと思っていますので次回もお楽しみに・・・。



タミヤ ファルコン (tamiya falcon) 駆動系を弄ってみた・2・・・の巻 [ファルコン]

みなさんこんにちは、トレサス企画でございます。

先日製作した52mmユニバーサル(1本)でしたが、「もう1本注文」して届いたので早速製作しました。

さて今回はドライブシャフトに「ブーツ」を取り付けます。

DSC_f051.jpg

もちろん使用するのはフロッグ用ジョイントブーツですが、私の製作したユニバは長さが長いのでちょっとした工夫が必要になります。

DSC_f052.jpg

まずはシャフトに半分に切ったブーツを入れましてOリングを2個入れます。Oリングをブーツ内に押し込んで収縮チューブを被せます。完成品がこちら・・・

DSC_f053.jpg

これを装着すると・・・

DSC_f054.jpg

こんな感じになります。別になくてもいいパーツなのですが、「雰囲気」は良くなります。

DSC_f055.jpg

フロントのバルクヘッドとシャシーを連結するステフナーを製作しました。アルミt=2.0板から製作しましたが、なんともセンスのない形状です。とりあえず取り付けてみます。

DSC_f056.jpg

これでフロントも一安心かな?

DSC_f057.jpg

あとフロントはバンパーを製作すれば完成になります。

ここで蛇足?ですが・・・いよいよ「FOX」が再販になりますね。ノバフォックスという名前で再販となりますが名前はともかく良い知らせです。ホットショットが再販になりフォックスは?という方も多かったと思いますがこれで一安心ですね。私としてはこれでファルコンの再販の可能性が高くなったと思っていまして・・・まあ来年の夏位までにはいいニュースが入ると期待しています。

フォックスに関しては私自身は特に深い思い入れはありませんが、ホットショットと基本設計・概念が一緒の2駆で当時の2駆としては破格の¥17,800だったので高嶺の花というイメージでして周りでも所有している方はいませんでした。購入するかは?ですがトレサス企画としては「ノーマルを完成させました」という訳にはいかないので・・・どなたかカッコよく改造してくれればおおいに刺激になると思っています。

これでタミヤの再販路線も残すは「ビッグウィッグ」と「イグレス」・・・大物でいうとこれくらいですかね?意外にホットショット2もあるかな?ずっと前にも記事に書きましたが、この再販路線が「尽きた時」にタミヤがどういうモデルを発売するか?ある意味タミヤの企業としての底力が試される時だと私は思っております。

ではまた次回をお楽しみに。





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。